2007年12月12日

やせたいと思う理由

左をみても、右をみても痩せたいと思っているひとがたくさんです。

実際平均的な体重でまったく太っていないのにまだまだ痩せたいと思う人が多いのでしょうか。

実際全く太っていなくても、やせたいと思っている人は多いはずです。無理してやせたいと思う理由には自分のどこかに自信がないからではないでしょうか。

例えば女性が恋をしたとき、自分をもっと魅力的に見てほしいと思い、痩せたいという気持ちが芽生えます。

また、年を取るにつれて生活習慣病などにならないために、痩せたいと思っている人もいるでしょう。

一概にやせたいといっても、理由は人それぞれ違います。女性は特に痩せて、今の自分よりもっと輝きたい思うことは自然なことです。太っている人がやせると、やっぱりきれいになった気がします。

本当は太ってなどいないのに、そう思い込んでいる人が多いのも事実です。そこにこだわる自分がいるだけなのです。普段の自然体の自分よりも立派に見せようとする必要はあまり無いと思います。

そのような無理な背伸びをする人は、他の人への要求も高いので、その人をそのまま受け入れることが出来ないかも知れません。今の自分が一番なんだと開き直ってみるのも良いかもしれません。

自分自身を素直に信頼し、自然体の自分をありのまま受け入れてあげればココロに余裕も出てきて、自分らしく輝いて生きていけると思うのです。
posted by エトセトラ at 16:20| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

体脂肪とダイエット

体脂肪が身体に悪いからといって、とにかく減らせるだけ減らしていくことが、逆に身体に及ぼす影響というものはないのでしょうか。

そこで体脂肪が身体にとって必要なものであるかから考えてみると、それは間違いなく人間が生きていく上で必要なエネルギーであるといえます。

もし人間が飢餓状態に陥ったなら、身体は必死に栄養分をなくすまいとし、蓄えていくのです。食物としての栄養分は、短時間で使われてしまうエネルギーであり、長時間存在できるものではありません。

ここで働き出すのが体脂肪で、これは実に効率よく蓄えられることができ、しばらく食べ物が入ってこなくても、生命を維持することは可能なのです。

もうひとつ体脂肪が担っている役割があり、それは体温を維持するというもので、これにより身体を暑さ、寒さから守っています。それは大切な臓器を一定の温度で保つという働きがあるからなのです。

脂肪が少な過ぎると、温度変化に対応出来ず、体温が低下し、病気をしたり、時には人間の命を危機にさらしたりします。体脂肪には、さらにホルモンの分泌を促す働きもあり、食欲を調節することなどもできるのです。

これは単純にエネルギーとして蓄えられるだけではなく、人が生きていくために大変大切な役を担っているということができます。ダイエットするのはいいですが、間違った認識で痩せようとするのはいけません。

このように健康維持には適度に必要な体脂肪ですから、自分の健康な範囲の体脂肪率をきちんと知り、それを常に維持するよう努力して健康も保っていきましょう。
posted by エトセトラ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

体脂肪率をチェックしよう

自分が肥満しているかというようなことや健康状態を知るためには、体脂肪率を計測することで、それをチェックしていくという方法があります。

そんな体脂肪測定の仕方にはいくつかの種類がありますが、皮下脂肪厚法、空気置換法、水中体重測定法、また二重X線呼吸法、生体インピーダンス法などがあげられます。

これらはすべてあまり世間で一般的に聞きなれているものではありませんが、簡単に測定するならば、やはり体脂肪計で計るのが一番です。

まず自分の体重が標準体重を超えていて、余分な脂肪が存在しているかを知るために、とにかく体脂肪率を計る前に自分の体重を調べてみましょう。

標準体重と比べた場合の数値はあくまでも目安で、体重の重さイコール肥満ではありません。そして体脂肪率のチェックですが、運動している人としていない人、同じ身長で同じ体重であっても、体を占める筋肉と脂肪の比率は異なります。


このように、あくまでも体脂肪率を基準にして、体重を減らさなければならないのかどうかを決める必要があるでしょう。そして計測するときは、なるべく同じ状態で行うと良いでしょう。

たとえ体脂肪を減らすほどの体重ではない場合でも、人の身体は年齢や生活環境によって変わるものですから、その状態を維持することは大切なことでしょう。

そして体重を減らさなければならなかったとしても、激しいダイエットは身体にいいことは何もないので、決してしないようにしなければなりません。

まずなによりも自分の生活習慣や食生活を振り返ってみて、改善すべき点がないか調べ、無理をすることなくダイエットをしていかなければなりません。太っている、やせているの判断材料としてだけに体脂肪率をチェックするのではなく、本当に大切なのは健康的な生活をするためなのだということを、忘れないようにしたいですね。
posted by エトセトラ at 17:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

有酸素運動でやせる

やせるために最も基本として知っておきたい運動は、有酸素運であると言われています。有酸素運動では、ひたすら身体の脂肪を燃やすことが目的とされています。

この有酸素運動は、酸素を身体の中へと取り込みながら、全身の運動を行うものです。この代表的な運動をあげると、水泳があり、もっと簡単に行えるものだとウォーキングや軽いジョギングなどもあります。

ただし息が切れてしまうほどのキツイ運動では脂肪は燃焼しくれません。脂肪が燃焼をし始めるのは運動をしだして20分くらいたってからなので、日ごろあまり運動をしていない人はまず15分間くらいからスタートし、少しずつふやして30分間くらいにまでもっていくとよいでしょう。

ただ有酸素運動は即効性がありますが、代謝の多くはその場限りのものです。一度有酸素運動を行うことで使われるエネルギー量は、想像以上に少ないものだという点も、頭に入れておく必要があります。

こういうと悪い点ばかりのようですが、身体をスマートに保つという点では有酸素運動はやはり向いていて、しかも筋肉痛をあまり起こさないという点も続けやすいという意味でメリットになります。

ウォーキングや水泳など外に出たり、ジムに通ったりする時間や余裕のない人も多いと思いますが有酸素運動には自宅でできる簡単なものもたくさんあります。

「エアロビクスダンス」や「その場足踏み」「ヨガ」[スクワット]などはわざわざ外に出なくてもDVDや本などを参考に一人で空いた時間にできるものです。

有酸素運動を効果的なダイエットの手段として続けていくには、まず簡単なものでも毎日継続していくことが大切で、それには自分に合った無理のない運動を取り入れていくことが大切でしょう。
posted by エトセトラ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

やせるメカニズム

世の中には「やせたい」と思う人がたくさんいます。やせたいといっても、人によってその目的はそれぞれ異なることもあると思いますが、きれいにというだけでなく、健康的にも見えるようにやせるには、いったいどうすればいいのでしょうか。

真のダイエットとは、ただ細くなることだけを意味するのではなく、スリムになるとともに美しさを伴わなければなりません。またやせた後にそれを維持することが重要です。リバウンドのないダイエットをするにはまず体重を減らすことよりも「脂肪を減らす」ことを考えることが大切です。

ダイエットで失敗しないようにするためには、やせるというメカニズムがどうなっているかを知らなければなりません。人間の身体は本来水分が50〜60%、固形成分が20〜30%、脂肪が20〜15%となっています。

日常的な食べ過ぎや運動不足は、こんな身体の成分バランスを崩し、身体を脂肪の割合を多い状態、「肥満」へと導いてしまうのです。この脂肪をなんとかして減らすことこそが、やせたいという望みをかなえることにつながるのです。

体脂肪を減らすには食事のコントロールとともに運動することで脂肪を燃焼させることが大切です。さらに筋肉を増強し、基礎代謝、つまり私たちが日ごろ生活していくためにエネルギーを消費する力、これを強くすることこそが、やせるために必要なメカニズムなのです。

やせたいな・・と思ったときは、やせるメカニズムに合った食事と運動をこころがけることで、健康的なダイエットを成功させましょう。
posted by エトセトラ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

おからでダイエットクッキーを作る

おからダイエットクッキーのレシピに必要な材料は、以外とシンプルです。

おからダイエットクッキーを作るのに一番重要なのはおからです。そして薄力粉、ベーキングパウダー、マーガリンかバター、砂糖、卵を使います。レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツを刻んで入れたり、はちみつや黒砂糖を甘味をして利用したりすりおろしにんじんなどの野菜から甘味を摂る場合もあります。

このうち、ほとんどのおからダイエットクッキーのレシピに必須なものは、おからと卵とバターです。他の材料の分量とのバランスによってはバターなし、小麦粉なし、砂糖なし、卵なしでクッキーを作ることも可能です。

このような材料の微妙な分量の違いや組み合わせによって、食感も少しずつ変わってきます。卵を入れずに作ると壊れやすい感じになり、バターを入れないと膨らみにくくなるので少し硬くなるでしょう。


紅茶やココアパウダーを生地に混ぜて焼いたり、食べるときにヨーグルトなどと組み合わせれば砂糖なしで作っても美味しくできるので、ダイエットには向いています。

クッキーに仕上げた時点でおから独特の風味やザラザラとした食感、パサパサした感じをどこまでカバーできるかがこのクッキー作りのポイントでしょう。

おからダイエットクッキーのレシピを工夫することで、ぱさぱさ感が苦手な人はぱさぱさ感を、風味が苦手な人は風味を消せるレシピを見つけるといいでしょう。自分のなりの美味しいおからのダイエットクッキーが作れるといいですね。
posted by エトセトラ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

おからのダイエット効果

今世の女性たちに注目されているダイエット方法におからダイエットというものがあります。

豆腐を作る過程で大豆を絞るのですが、そのときに絞りかすが出ます。それが安くてカロリーの低いおからです。食物繊維やアミノ酸バランスに優れた大豆たんぱく質、神経の機能を維持するミネラル、動脈硬化を予防してくれるリノール酸、イソフラボンなど大豆そのものの栄養が効率よく摂れる食品です。

おからは食べると案外お腹にたまるので、ダイエットにはもってこいの食品です。例えばハンバーグの挽き肉を一部おからに置き換えることで、簡単にカロリーカットとボリュームアップができます。

そのようなおからでお菓子を作ることができます。それがおからダイエットクッキーで作りかたは案外簡単です。おからダイエットクッキーの作りかたはいろいろな種類があるので、インターネットなどでいくつか検索しておくと良いでしょう。色々なバージョンで作ることで飽きずにダイエットを続けることができます。

また、おからダイエットクッキーそのもののレシピだけでなく、おからダイエットクッキーを使ったアレンジレシピを覚えておくと更に選択肢が増えることでしょう。手作りが大変なときは市販のものも様々売られていますので、それを購入してもよいでしょう。

おやつの代わりになるものから、3食のうちの1食として摂るものまで色々あります。おからダイエットクッキーを手作りしたほうが市販のものを購入するよりも経済的ですし、お菓子を作るというのもなかなか楽しいものです。
posted by エトセトラ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

食事と運動で痩せる

カロリーの低い食品だけを食べ続けるダイエット方法は、実はとてもリバウンドしやすい方法です。リバウンドのしないダイエットはバランスの良い食事と適度な運動が必要です。

パンやお米を断つ人もいますが、炭水化物のない食事は低血糖の元です。ささみのような赤身の少ない肉類や豆製品を意識して摂ることで筋肉を作り、基礎代謝の高い体を作ることも重要です。

炭水化物には、脂肪を燃焼させて筋肉を作る重要な働きがあります。野菜のビタミン類、海草等のミネラルも意識して摂取するようにしましょう。

ダイエットには運動が欠かせないポイントです。運動がめんどうくさいという方も多いと思いますが、まず10分からウォーキングをして持続していけば体が慣れてきます。リバウンドをしない体を作るには、脂肪がつきにくい体を維持しつつ脂肪を落とすこと。

痩せるために必要なものはとてもシンプルで、一日の総消費カロリーが総摂取カロリーを上回ればいいのです。一回の食事の量を抑え、そして空腹感を感じる前に食事を取るように回数を増やすことが、体の負担の少ない理想的な食事です。

3時間おき程度に少しずつ食べることが理想的です。少しずつ食べることは吸収をよくして脂肪として貯め込むカロリーを減らす効果もあります。お腹が空いている時に一度に大量の食事をとると、体が飢餓状態になっているので脂肪を蓄積しようとします。

食事と運動によるこのダイエット法は時間がかかりますが、体にもやさしく、食生活そのものが改善されます。健康状態を維持し、美しく痩せることができるダイエット方法なので、リバウンドもしにくいことが特徴です。
posted by エトセトラ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

お米とこんにゃくでダイエット

お米をいつもどおりに食べてダイエットできる方法があります。
お米は毎日食べるものなので、このお米を利用してのダイエットは生活サイクルを崩すことなく行うことができます。

お米は日本人にとって重要な主食。お米と一品おかずがあれば満足という人もいるでしょう。そのお米、玄米や分づき米、白米など食べ方も色々。

最近ではお米に混ぜる雑穀や古代米も数多く出回っています。その毎日食べる白米にちょっと工夫することで、毎日摂取するお米のカロリーを減らし、スムーズなダイエットをする方法があります。混ぜる食材も特殊なものではなく、ダイエットフードとしてよく登場するこんにゃくなのです。粉末にしたこんにゃくいもを原料に作るのがこんにゃくです。


普段はおでんや田楽、煮物などに登場し特有の歯ごたえがあります。ゆっくり噛むと満腹中枢が刺激され、ダイエットの基本である、「良く噛んで満腹感を得る」にはうってつけの食べ物です。

こんにゃくはダイエットの心強い味方。栄養豊富で低カロリー、こんにゃくならば少しくらい食べ過ぎても大丈夫です。そのこんにゃくを白米にまぜて食べるこんにゃくダイエットが話題となっています。方法に難しいものはありません。

いつものご飯を炊く時に、好みの割合でこんにゃくをお米に混ぜ込み、そのまま食べるだけ。こんにゃくとお米というと違和感のある組み合わせかもしれませんが、実際には普通のお米を食べる時とあまり変わりません。

むしろ、食感がモチモチしていて確かに普通に食べても満腹感が得られます。こんにゃくの量を調節することにより30パーセントから50パーセントのカロリーダウンを調節することも可能です。雑穀米や玄米は独特の食感やにおいがして、ぬか臭さが苦手で食べられない人にはこのこんにゃくを混ぜる方法をおすすめします。
posted by エトセトラ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

ダイエットは食事から

食事面の改善は、ダイエットに取り組む時には避けて通れないものです。

短期間でダイエットをする時は食事の制限が手軽な方法ですが、俗に一品ダイエットや絶食は体重こそ減るもののボディラインの乱れに繋がり、健康面だけでなく精神面にもよくないこともあります。

体も心も満足できるダイエットを達成できるよう、食事はサプリメント等ではなく実際の食品で栄養バランスよく摂取しましょう。食事はダイエット時に最も心がけなければならないことです。

食事を野菜中心に切り替えることで、豊富な食物繊維やビタミン、ミネラルを取り込むことができます。野菜というと生野菜のサラダが真っ先に浮かびますが、生野菜は体を冷やします。

温野菜でもおいしいサラダは作れますので、温野菜を中心にメニューを組んでみましょう。ここでドレッシングを大量にかけてはカロリーが上がってしまうので、スーパーなどにあるノンオイルドレッシングを使いましょう。

油脂成分控えることで体重を減らそうと肉類や魚類を完全に断つ人もいますが、栄養面でもよくない上に健康を損なうことにもなりかねません。肉類の油脂分や魚の脂は摂りすぎはよくありませんが、体を作るために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。

肉類を摂らず筋肉が作られなくなると健康によくないですし、基礎代謝が上がりません。魚はやや調理しにくい食材ですが、魚に含まれる脂は体にもよく、DHAは血液サラサラ効果で注目されています。食事制限中だからと極端に走るのではなく、バランスを考えてメニューを組むことが大事です。

食事の中で油を減らす工夫はちょっとしたことで可能です。フライパンをテフロン加工にすることで、油が少なくとも炒め物や焼き物が作れます。最近では調理の油をスプレーで吹きかけて量を調整するグッズも人気です。
posted by エトセトラ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

太る理由

私たちが太る理由は、「排泄の量よりも、摂取している量が多いから」というのが一番多いです。

けれど、まだ幼いうちから肥満気味な人も少なからずいます。基本的に太る理由の1つの「肥満細胞」が確立するのは、大体3歳までといわれています。

3歳までに、親がカロリーの高い食品を与え続けると、肥満細胞が、多くなるので、太りやすい体質になります。小さい頃のカロリーの多い食生活ばかり続けていると肥満細胞の形成原となり、痩せにくい体質を作ってしますます。

このことを逆手に取って、肥満細胞を少なくしておくことができます。子どもの頃にカロリーを取らなければいいのです。太りにくく、やせやすい体質になります。 


太る原因の一つとしては、他に遺伝的な要因もあげられています。やはり自分の両親や、身内に肥満な人が多いと、自分も太りやすい体質の可能性が多いので、注意しなければなりません。

脂肪が増加する要因として、食べるカロリー量より使うカロリー量がずっと多いことがあげられます。使わない脂肪が貯め込まれるのです。日常的に運動する習慣がない人や体力を使わない仕事の人は体内のエネルギーが余り貯め込みがちなので、太りやすい傾向があります。

素直に自分のありのままを受け入れて、自分らしさを認めることも大事です。今の自分が一番なんだと開き直ってみると安心し、自分らしくいきいきと輝いて見えるようになると思います。
posted by エトセトラ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

冬至に柚子湯なんて、知りませんでした

冬至に柚子湯なんて、全然知りませんでした。

お恥ずかしい。

年中行事なんでしょうか。

それでネットで調べてみると、

昼間はかぼちゃを食べ、夜は柚子湯に入るとか。
なぜ?

柚子には、血行促進効果があって、冷え性や神経痛、腰痛等を和らげてくれれすそうです。
これは、なんとなく判る!

美肌効果もあるそうですよ。

正式には柚子の果実を5〜6個輪切りにして、お湯に浮かべるとか?

なぜ?

古くから冬至に柚子湯に入り、冬至粥(小豆粥)や南瓜を食べると
風邪をひかないとおばあちゃんの知恵でしょうか。

中国北方では餃子
中国南方では湯圓

を食べる習慣があるそうです???


・冬至(とうじ)と湯治(とうじ)をかけているらしい。


・柚子は、融通(ゆうずう)が効きますように、という人もいる。
なかなか面白いものだ。

遅くなったが、明日柚子湯に入ろう!




posted by エトセトラ at 04:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。