2007年11月20日

お米とこんにゃくでダイエット

お米をいつもどおりに食べてダイエットできる方法があります。
お米は毎日食べるものなので、このお米を利用してのダイエットは生活サイクルを崩すことなく行うことができます。

お米は日本人にとって重要な主食。お米と一品おかずがあれば満足という人もいるでしょう。そのお米、玄米や分づき米、白米など食べ方も色々。

最近ではお米に混ぜる雑穀や古代米も数多く出回っています。その毎日食べる白米にちょっと工夫することで、毎日摂取するお米のカロリーを減らし、スムーズなダイエットをする方法があります。混ぜる食材も特殊なものではなく、ダイエットフードとしてよく登場するこんにゃくなのです。粉末にしたこんにゃくいもを原料に作るのがこんにゃくです。


普段はおでんや田楽、煮物などに登場し特有の歯ごたえがあります。ゆっくり噛むと満腹中枢が刺激され、ダイエットの基本である、「良く噛んで満腹感を得る」にはうってつけの食べ物です。

こんにゃくはダイエットの心強い味方。栄養豊富で低カロリー、こんにゃくならば少しくらい食べ過ぎても大丈夫です。そのこんにゃくを白米にまぜて食べるこんにゃくダイエットが話題となっています。方法に難しいものはありません。

いつものご飯を炊く時に、好みの割合でこんにゃくをお米に混ぜ込み、そのまま食べるだけ。こんにゃくとお米というと違和感のある組み合わせかもしれませんが、実際には普通のお米を食べる時とあまり変わりません。

むしろ、食感がモチモチしていて確かに普通に食べても満腹感が得られます。こんにゃくの量を調節することにより30パーセントから50パーセントのカロリーダウンを調節することも可能です。雑穀米や玄米は独特の食感やにおいがして、ぬか臭さが苦手で食べられない人にはこのこんにゃくを混ぜる方法をおすすめします。
posted by エトセトラ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。